格安スマホ ドコモ

携帯キャリアとしていち早く普及をし、不動の1位を守り続けたドコモですが、近年の他社のキャンペーンや料金プランに若干おされぎみでした。

新規契約台数では他のキャリアに1位を譲る回数も増えてきていたのはよく知られています。

しかし、携帯会社の先駆けとして充分な通信環境を整えてきたのはこの格安スマホ時代にとても貢献していると言えるでしょう。

格安スマホに参入した企業がレンタルする回線としてMVNOで最も多く選ばれているのがドコモ回線です。

格安スマホのsimを選ぶ時に注目しておかなければいけないのがどのキャリア系回線かという事ですが、今までドコモの携帯を契約していた人にとっては比較的抵抗なくドコモ系simに乗り換える事ができます。

安定した通信通話環境をそれまで十分に実感しているでしょうし、シムロックフリーの機種を敢えて購入しなくても、そのまま使っていたスマホをつかえる場合が多いのです。

通信分野で提携のあったビックローブやOCNモバイル、ビックカメラのBICSIM、楽天ブロードバンドLTEなどの大手通信会社や量販店、インターネット業界の格安スマホ参入に大きく一役買っていると言えます。

ドコモ自体がキャリア会社でありながら、競合する会社に回線をレンタルするのは矛盾しているようにも感じますが、元の携帯販売の上げどまり感を上手くシフトしている感もあります。

逆に安い料金プランでデータ通信も始められるのなら、スマートフォンを使ってみようかという、それまでのガラケーユーザーを取り込むことも可能です。

ドコモ系simが格安スマホのかなめとなっている現状はこれからも大きく変わることはないでしょう。

今使っているスマホを始め、これまで使っていて数台機種変更をしたため手元にあるドコモの端末も、中古端末として白ロムで取引される量が多くなってきています。

通話のつながりやすさに定評のあったドコモの回線を使ったMVNOの格安SIMの利用者もこれから更に増えてくることでしょう。