格安スマホのlte

携帯代が高いと嘆いている人の多くが悩みどころなのが、その通信に掛かる料金の部分です。

スマートフォンが普及し始めて、キャリア各社が通信速度と通信量の充実したプランをスマホ向けに多く設定してしまった為、それまでは通話メインで使っていたガラケーユーザーも必然的にスマホへ機種変更してしまったという人が多くいるというのはよく聞く話です。

しかし、一度スマホの便利さを知ってしまえば慣れてしまい、どうしても通話が出来れば良いと言う時代の携帯電話には戻れなくなってしまいます。

それにしても速度の速い通信の料金が高いのが気になる、どうにか安く抑えたい。

そんな願いを叶えてくれるのが格安スマホのlte対応のsimです。

lte対応でない通信速度のものであれば、概ね1000円を切る価格の通信料で契約することは可能ですが、やはりスマホにこなれて使いこなしている人にとって物足りなさを感じるポイントでしょう。

そこでlte格安simであれば、各社から2000円程の料金で、そのデータ量に応じて選ぶことも可能です。

日常的に閲覧をする、動画視聴を沢山楽しんでいると言う人にとってはデータの上限も気になるところ。

そこで通常1Gから多くても3Gが標準プランとしてあるLTE格安スマホでも、更に通信量の上限を上げる事が出来るものがあります。

キャンペーンで最もライトな通信プランの中にサービスで1Gを附帯してくれる会社もあるとの事。

契約する前にはこのような独自のキャンペーンにも注目しておくと、更にお得に速度を維持しながら料金を抑える事が出来るかも知れません。

各社の格安プランによっては1日若しくは数日間の上限通信量の設定がされているもの、専用アプリを使って最大速度をlteと制限時通信速度に切り替える事ができるものもあります。

必要な時の為にLTEを最小限の利用で抑え、いつもは制限時速度や公衆wifiを上手に使って、繰り越しながら料金プランを安く抑えるというのが賢い使い方と言えるでしょう。