格安スマホ 料金

今までは主要携帯会社へ携帯利用の申し込みをするのが当たり前でした。

スマートフォンが普及するまでのフィーチャーフォンを使い、通話とメールを中心とした使い方をしていた時には、料金の払い方も様々で、通話頻度が低ければ携帯料金を抑える事が可能でした。

しかし、最近では携帯と言えばスマホという流れが顕著で、機種変更を申し込みに行けば必ずと言っていいほどスマホへの乗り換えを薦められます。

スマホの方がそれまでのフィーチャーフォンよりもお得に機種変更ができるという触れ込みをしているキャリアも多かったのですが、いざ使い始めると通信量の基本料金の高さから毎月の携帯利用料がかさみ、どうにか抑えられないかと悩んでいる人も多いはずです。

そこで、昨年あたりから格安スマホが販売され始めました。

キャリアの通信回線をレンタルし通信を提供するため新たに設備を整える必要がない分、安く利用者が通信を利用できると言うわけです。

スマホの料金はキャリアでの申し込み時では基本料金込みで7000円前後となりますが、これに通話料が入れば更に上がります。

格安スマホを使う事で、通信料金を抑えてスマホ自体を安く持つことができるのです。

しかし、いくら安いからと言って安易に乗り換える事はオススメしません。安いには安いなりの理由があると言うものです。

スマホの普及と伴って、アプリの充実や通信ゲームの利用、webニュースの増大が激しくなっています。

これらを通信で全てスマホで行っているヘビーユーザーの方にとって、格安スマホは大きな問題があるのです。

主要携帯会社から回線を借りているというポジションの格安スマホは、通信量や早さに限度があります。

実際に外出先で毎日スマホを使いニュースの閲覧やSNSを開いている人、ゲームをしている人にとっては到底賄えるほどの通信量は準備できません。

販売されている格安スマホの中でも安い料金では、000円以下というプランがありますが、これは通信速度が遅いため安くなっているという想像が出来るでしょう。

そして、通信メインで販売されている格安スマホのsimは通話不可というものが多いのです。

安いには安いなりの理由があると言う事を踏まえて、今の自分の使い方にあった格安スマホプランを検討する必要があります。

そして、家にいる時はWIFIを上手に使い通信量を抑えるといった工夫や努力も必要になります。