格安スマホ ヨドバシ

格安スマホ競争で各社がしのぎを削っていますが、お得なプラン、手軽な手続きで人気があるのがヨドバシカメラ~販売されている「スマホセット」です。

格安simだけを購入して、手持ちのスマホで利用するという使い方を考える人も多いでしょうが、simロックが掛かっているキャリアから販売された他社のスマホではもちろん格安simを使う事はできません。

とはいえ、通信回線をレンタルしている主要会社が同じであったとしても、スマホの機能等をよく知っている人なら問題はありませんが、設定に難しさを感じている人には不向きです。

その点ヨドバシから販売されている格安スマホのプランには、端末本体がセットとなっています。

一番安いプランなら2000円ほどで本体もついています。

初期設定も有料で行ってくれるため、その後の携帯料金の差額を考えるとずっとお得に格安スマホデビューができます。

中古端末を安く手に入れてsimだけ変更するというのが最も安く利用できるのですが、とはいえ中古端末ですので、機種変更をする気分で端末セットのプランを利用するのも良いかもしれません。

ヨドバシでセット販売されている本体は、simフリーのフリーテルを始めとして、ファーウェイやポラロイドなどから発売された最近機種もあります。

本体価格も安くしたいと言う事なら新品の肩落ちのものもありますので、使用する頻度などを考えて、どの程度の性能を持ち合わせた機種が良いかを検討しましょう。

ヨドバシのプランは本体と音声通話、そして通信が全て付いたものなので、基本的な使い方を変えたくなく、あまりスマホについて知識がない人でも、ライトユーザーなら気軽に乗り換えても後悔しづらいと言えるでしょう。

価格の安さは性能を表しますので、通信速度が高速に耐えられるものか、カメラの画素数は、など色々な機能に差が出てきます。

また、7月からヨドバシで販売された格安simで目玉となっているのが、キャリアを超えた通信量(5GB・10GB)のプランです。

これは、1GBの上限で当初販売された格安simのプランのコースに更に選択肢が広がり、通信速度も高速なものになっています。

しかし、格安スマホを使う上で一番気を付けたいのはその利用の仕方です。

WIFIスポットや無料公衆LANを利用できるプランのものを選んでおけば、充実したWIFIやLANを使って通信すると、元のプランの通信量を抑える事が出来ます。

ですから、上限の少ない通信量のものでも時と場所に応じて上手に切り替えることで更に安くスマホを楽しむことができるのです。